目のクマ 解消

目の下のクマクリームの効果的な使い方と副作用について

目のクマ解消クリーム

悩んでいるクマを改善するために使用するクリームや美容液を
きちんと効果的に使用し、安全に使用するために基本的な
使用方法や注意点を守ることが大切です。

 

 

目の下のクマクリームの効果的な使い方

 

どんな化粧品でも同様ですが、もっとも効果を発揮させる使用方法は
製品ごとに指定された使い方をしっかりと守ることです。

 

特に目元ケアのためのクリームや美容液は、デリケートな部分に
使用することもあり、普通のスキンケアアイテムとは使い方が
若干異なる場合もあるので使用前に必ず説明をチェックしましょう。

 

 

十分な効果を発揮させるために、共通して気をつけるべきことは
次の通りです。

 

中指や薬指の腹を使って塗布すること

目元の皮膚は顔の中でも特に薄くデリケートなので、刺激に弱く
すぐにダメージを受けてしまいます。そのため、人差し指で塗ると
力が入りすぎてしまうので普段あまり使用しない薬指などで
塗るようにしましょう。

 

 

目安量を守ること

目の下のクマクリームなどのようなポイントケアアイテムには
有効成分がギュッと凝縮配合されているので、少なすぎても
効果が発揮されず、多すぎると肌負担となる可能性があります。
使用目安量や使用回数をしっかりと守るようにしてください。

 

 

最後に手のひら全体で目元を押さえる

クリームを目元に塗り終わったら、最後に目元全体を覆うように
手のひら全体を使ってあたためて浸透させることがポイント。
体温でクリームをあたためることで有効成分がより浸透しやすく
冷えの解消にも効果的なのでおすすめです。
力を入れすぎず、そっと手を添える程度でOKです。

 

 

目の下のクマクリームの副作用や危険性について

 

副作用の心配はなし

目元に使用するクリームや美容液は肌にやさしい成分が配合され、
余計な添加物を排除して肌に負担をかけない処方となっていることが
多いので、基本的に副作用などの心配はありません。

 

ただし肌質や体調によっては、使用中や使用後に肌に赤みや
かゆみなどの変調が起こる場合もあるのでその時はすぐに使用を
中止し、念のため皮膚科医などにご相談ください。

 

 

適量を守ること

目元の皮膚は非常に薄くデリケートなため、適量を大幅に超えて
クリームをたっぷり塗りすぎると肌に負担をかけてしまう可能性が
あります。さらに、目の中に誤ってクリームが入ってしまう危険性も
あるので適量を守るよう注意してください。

 

万が一目に入った場合はすぐに流水で洗い流し、心配な場合は
眼科などでご相談ください。

 

 

アレルギー体質の方は配合成分を事前に確認

特定の成分に対してアレルギーをお持ちの方は配合成分を使用前に
しっかりとご確認ください。内容に心配がある場合は使用を控えるか
かかりつけ医などにご相談ください。また、パッチテストなどを
行うとより安心して使用することが出来ます。

 

 

過度なマッサージは厳禁

マッサージは目元の疲れを取り血流を促すために有効な手段ですが
力を入れすぎたり摩擦が強いと逆に負担となり肌を傷つけたり、
クマを悪化させてしまう可能性があります。

 

目元ケア用アイテムの中には「マッサージ禁止」を謳っている
ものもあるので、使用上の注意をしっかりとご確認ください。