目のクマ 解消

目の下のクマクリームに配合されている有効成分とその効果

目のクマ解消クリーム

ここでは、目の下のクマを始めとした目元の悩み改善に
効果的なクリームや美容液の有効成分について
解説していきたいと思います。

 

 

目元用クリームに配合されている成分と効果

 

MGM

ビタミンC誘導体の一種であるMGMは年齢を重ねるごとに失われて
しまいがちなコラーゲンの生成を促す効果があり、目元にハリと
弾力をよみがえらせてふっくら若々しい印象へ導きます。

 

特に加齢を原因とする「黒クマ」、肌ダメージによる「茶クマ」
などに効果的で、パッと明るい目元をつくります。

 

コラーゲンによって肌にハリが生まれ、栄養分やうるおいを
しっかりと内部にキープ出来る状態に整えるため、クマの改善
だけでなく目元のたるみや小じわ改善などにも有効です。

 

 

プラセンタ

保湿力や美白効果で人気の高いプラセンタには、肌の代謝を
高めたり、ヒアルロン酸やコラーゲンの産出量を増やす増殖因子が
含まれているので、たるみのない明るい肌へ導いてくれます。

 

肌自身が健康的にはぐくまれるようになり、目元の皮膚がたるんだり
くぼんでしまう「黒クマ」や色素沈着による「茶クマ」の改善に
効果が発揮されます。

 

 

レチノール

肌の弾力を生む繊維細胞であるコラーゲンを産出、増殖する働き
があることで知られるビタミンAの一種です。

 

皮膚がたるんだりシワがよることでクマは余計に目立ちやすくなり
一層暗い印象を与えてしまうので、ふっくらとしたハリのある状態に
整えることはクマ解消に効果的です。

 

 

EGF、FGF

EGFは「ヒトオリゴペプチド-1」という名でノーベル賞受賞成分として、
高級美容液やクリームなどに配合されることも多い注目の成分です。
肌細胞の生まれ変わりを促進して、若々しく健康的な肌をつくる
効果に優れています。

 

FGFの表示名は「ヒトオリゴペプチド-13」。肌表面付近で働くEGF
と対照的に表皮の奥、角質でコラーゲンをつくる繊維芽細胞に
働きかけて目元のハリや弾力を高め、アンチエイジングに役立ちます。

 

 

ビタミンK

脂溶性ビタミンのひとつで色素沈着や炎症跡の改善、血栓改善に
優れた効果を発揮します。

 

血流そのものを促進するというよりも、血栓を解消して滞った血を
流すことでうっ血を改善するので、黒っぽい毛細血管が透けて
見えるようなクマには特に有効です。

 

 

ビタミンE

ビタミンEには強い抗酸化作用があり末梢の血管を広げて血流を
高める働きがあるので血流不良によるクマの改善に効果的です。

 

 

天然植物オイル(あんず核、アボカド、シア、ヒマワリ種子など)

クマに効果を発揮するクリームや美容液の多くには、天然の
植物オイル成分が配合されています。

 

ビタミンやミネラル、抗酸化物質が豊富に含まれる植物オイルは
低刺激性で肌に負担が少ないながらも、優れた美肌効果を発揮。
アンチエイジングや保湿効果が高いので、さまざまなタイプの
クマ予防に効果的で、くすみのない明るい肌へ導いてくれます。

 

また肌なじみがよくべたつかないところも植物オイルの特徴
なので、季節や肌質を選ばず使えるところも人気の理由です。