目のクマ 解消

あなたの目の下のクマはどれ?クマの種類と特徴を知ろう!

目のクマ解消クリーム
目の下に現れるいや〜なクマ。
クマは体質や肌質によって、出来やすい人と出来にくい人が
いるように、出来やすいクマの種類も人それぞれです。

 

クマの種類は原因によって出来るものが異なるので、ケアを
する時にもその特徴に合わせて行わなければ意味がありません。

 

ここでは代表的な目の下のクマ「茶クマ」「黒クマ」「青クマ」
の特徴と効果的なケアについて紹介していきます。

 

 

目の下のクマの種類

 

茶クマ

 

<原因と特徴>
なかなか消えないと言われる茶クマは、日焼けやシミなどと
同じメカニズムで起こる色素沈着のひとつです。

 

紫外線による色素沈着もありますが、顔の中でクマだけが
目立つようであれば、アイメイクのしすぎやメイク落としの時に
強くこすりすぎたりしていること、目元をさわるクセがある場合
などに出来やすいとされています。

 

目元の皮膚は他の部分よりもずっと薄くデリケートなため、
普通に触るだけでもダメージを受けやすくなっているのです。

 

<対策>
色素沈着の解消が必要なため、目元の皮膚のターンオーバーを
促進して新しい皮膚をつくり出すサポートをすることが必要。

 

さらに美白効果のあるビタミンC誘導体やハイドロキノン、
プラセンタ、アルブチンなどの配合されたアイクリームや
美容液を使用するとより効果的です。

 

 

青クマ

 

<原因と特徴>
肌が健康で若い人にも比較的出来やすいのがこの青クマです。
その原因は寝不足やスマホ・パソコンの見すぎによる目の疲れ、
コンタクトレンズによる眼精疲労、エアコンによる目元の乾燥、
冷えやストレスによる血行不良など。

 

血流が悪くなることで目の周辺にある毛細血管が透けて見えて
しまっている状態なので、特に冷え性で色白の人などは
目立ちやすいと考えられます。

 

<対策>
青クマの原因の主なものは「血流の悪さ」。
そのため血流改善を目指すことがクマの改善につながるのです。

 

青クマで悩んでいる場合は睡眠不足やストレスの解消を意識し、
それらの原因に思い当たらない場合はスキンケアと同時に
目元をあたためるようにしましょう。

 

直接マッサージする場合は強く押しすぎたりこすったりすると
余計に悪化させてしまうので、あたためた手のひら全体で
目元を覆うようにしたりホットタオルなどであたためましょう。
その他にも肌荒れなどから青クマが出来る場合もあるので、
気になり始めたらしっかりと保湿を行うようにしましょう。

 

また、青クマ改善に効果のある美容成分は血行促進効果のある
ビタミンKやビタミンE、EGFなど。

 

 

黒クマ

 

<原因と特徴>
黒クマが出来る原因はずばり「肌老化」です。

 

加齢によって目元の皮膚がたるみ目の下に影をつくったり、
肌が筋肉や脂肪を失ってくぼんでしまうことで暗くなることで
黒いクマとなり「影クマ」とも呼ばれています。

 

<対策>
黒クマはファンデーションやコンシーラーなどメイクによって
隠すのがむずかしいクマと言われており、さらに青クマなどと
違って一時的に出来るクマではないので、「隠す」よりも
「改善する」ことを目指すことが大切です。

 

特に年齢とともに失われがちなコラーゲンやエラスチンの生成を
助けてしっかりと水分を補給することでふっくらハリのある
目元に整います。

 

そのためコラーゲン生成促進効果のあるレチノールやシスチン、
EGF、FGFなどの美容成分が有効です。